6月
20

介護の経済的負担を楽にしたい!負担を減らせる介護保険が使えるサービス

Written by admin posted on 6月 20, 2015 in 未分類

日本の社会保障の一部を支える介護保険

社会保障の一部として、現在では介護保険というものがあります。若い内にその介護保険料を支払っておくと、高齢者になった時に数ある介護サービスが低料金で利用することが出来るようになるのがその魅力です。例えば、介護サービスを利用した時の料金が、基本は1割負担で良くなると言った事があります。残り9割を国が負担してくれるので、介護にかかる経済的な負担を大幅に減らすことが出来、要支援や要介護度の重い高齢者と一緒に暮らす世帯には無くてはならないものです。

どんなサービスが使えるの?

そして、それが使えるサービス分野は豊富で、老人ホームの料金の一部だったり、ヘルパー派遣の料金などあります。また、そういったサービスの他に、物を購入したりレンタルするときにも使えます。良い例が、福祉用具の購入やレンタルです。介護保険を使えば福祉用具を購入する時にその購入金額の大部分を国が負担してくれますし、レンタルサービスも現在は1割負担で利用できます。例えば普通に介護用車椅子をレンタルするとなると、月々数千円程掛かりますが、その介護保険制度を利用して借りれば月々数百円の支払いで良くなるんですね。

介護保険の事について教えてくれる専門家

そして、自宅に高齢者がいて、その介護保険を利用して安く介護サービスを利用したり、介護用品を購入したいという方はその専門家にアドバイスをもらうと良いでしょう。市役所などの介護保険課や、生活相談からケアプランの作成をしてくれるケアマネージャーなどがあります。市役所などの介護保険課にいけば、お金をかけずに丁寧に教えてくれますし、ケアマネージャーに相談すればその高齢者に最適なケアプランを作成だけでなく、サービスの提案も行ってくれますよ。

介護の求人は、周囲への配慮や気配りができる方に向いています。介護福祉士の資格を持つだけではなく、行動力や様々な場面で臨機応変に行動できる柔軟性が求められます。