5月
25

介護サービスってどんなもの?意外と知らない、介護サービスの中身を探る!

Written by admin posted on 5月 25, 2015 in 未分類

突然の介護が不安。そんな人は要チェック!

自分の家族や親せきに介護が必要になった場合、受けられる介護サービスにどんなものがあるのか理解している人はどのくらいいるでしょうか?まだ親は元気だから、介護なんてまだまだ先の事だから、そう考える人も多いでしょうが、いざというとき慌てないために介護サービスがどのようなものかを大まかに理解しておいた方が、後々慌てずに済みます。介護を受ける本人や家族の負担をできるだけ軽減できるように、サービスの内容を把握していきましょう!

在宅サービスと施設サービス、どこが違うの?

大まかに言えば、「在宅サービス」自宅で受ける介護サービス、「施設サービス」は介護施設などに通って受けるサービスです。在宅サービスでメジャーな物は、ホームヘルパーなどが自宅を訪問し、家事やオムツ交換などの身体介助を行うホームヘルプサービスや訪問看護・訪問入浴・訪問リハビリなどがあります。「施設サービス」は施設に通って運動や食事の提供、入浴の補助をを受けるデイサービスや、身体機能回復(リハビリテーション)が受けられるデイケアがあります。

福祉用具が借りられる、レンタル事業って何だろう。

身体的な支援や援助の他、杖や車いすをレンタルできる福祉用具貸与サービス、室内に手すりを設置したり段差解消の工事をした際に補助が受けられる住宅改修制度などもあります。介護目的での工事を希望される場合は、いちどお住まいの市町村にある役所の福祉課・介護保険担当などにご相談されることをお勧めします。また、ここであげたサービスはあくまで目安であり、お住まいの市町村の介護サービス制度や介護を受ける方の介護度によって多少変わります。より詳しい情報・サービス内容を知りたい場合は、市役所の福祉課・介護保険課にご相談下さい。

介護業界は、人手不足が深刻な状態になっていることから、就職しやすい環境も整っているといえます。介護に就職すると非常にやりがいのある仕事ができるといったメリットがあります。