4月
25

就職活動で内定を取るためには何をしたらよいか

Written by admin posted on 4月 25, 2015 in 未分類

まずは自分にあった求人を探す

就職活動のスタートはなんといっても求人を探すことからスタートです。最近は、就職サイトを通したインターネットでの募集が増えていますので、まずは就職サイトの登録をする必要がありますよね。このようなサイトでは、職種や業種、勤務地や給与などのさまざまな条件で求人を検索できるので、労力と時間の短縮になりますよ。また、就活にかんするアドバイスや最新動向のコラムなどが載っている就職サイトもありますので、それもチェックしておくと便利です。

次は、エントリーシート

自分がいきたい求人がみつかったら、次は、エントリーシートの作成です。エントリーシートは就活の際に会社に提出する履歴書のようなものですが、各会社でカスタマイズされていることがほとんどです。しかし、その内容は主には3っつです。自己ピーアール、学生時代に努力したこと(既卒の場合は自分のスキルやキャリア)、そして、志望動機です。基本は、この3つをまとめておけば、ほとんどのエントリーシートに対応できるんですよ。

最後には面接対策ですね

エントリーシートが通過すると、面接があります。面接は、ほとんどの場合2,3回ほどあり、最終面接は、その会社のトップがでてくることが多いです。準備は、まずは基本のマナーをしっかり練習しておくことですね。また、姿勢や表情、声の大きさもチェックしましょう。内容としては、すでに出したエントリーシートに書いたことをしっかり頭に入れて、どんなことを突っ込まれても、きちんと前向きに答えれるようにしておきましょう。

会社によって新卒紹介の仕方は様々です。新入社員研修を終え、現場に配属となった時、先輩方に顔や名前も覚えてもらうためえにその場で簡易的な挨拶を点呼台に一人ずつ立ち、挨拶を行います。ここまでは一般の企業も同じですが、大企業によっては新入社員の両親を同席させ、ファミリー懇談会なども実施を行います。